笠原 亜希子

社員一人ひとりのことを、
本気で考えてくれる社風がある

笠原 亜希子

経理部 経理課
2000年入社

社員一人ひとりのことを、
本気で考えてくれる社風がある

笠原 亜希子

経理部 経理課
2000年入社

将来への不安から、転職を決意。

接客業として5年間勤めていた前職は、職場の仲間に恵まれ、やりがいのある楽しい仕事ではありました。しかし、結婚や出産といった自分の将来を考えた時に、長く勤められる仕事に就きたいと思い、転職を決意。商業高校で簿記を学んでいたことや、実務経験がなくても応募できたことなどから、りんかい日産建設を選びました。
仕事の習得は基本的にOJT。入社当初は、経理経験も仕事で必要なPCのスキルもありませんでしたが、先輩が1から10まで丁寧に教えてくださったおかげで、なんとか身に付けることができました。また、女性ばかりだった前職から、男性が多い環境へ移ることにも不安は感じていました。ですが、入ってみるとそれも杞憂。男性女性関係なく、良い関係を築くことができています。

将来への不安から、転職を決意。

上司の後押しもあって、
初の産休を取得。

入社当初から今まで一貫して経理課に在籍しており、社内の伝票のチェックや各種申告業務のサポート、現金の出納や手形発行などを行っています。実は最近まで産休を取っており、復帰した現在は時短勤務中。ですので、メインで何かをするというより、サポート的な動きをしている方が多いかもしれません。
本音を話すと、入社当初は漠然と、「結婚や出産したら辞めるだろうな」と考えていました。ですが、実際に子供ができてみると辞めることがとても辛く感じて、思い切って上司に相談することに。これまで職場の身近な方では、産休を取った人がいなかったため、どんな反応をされるか不安だったのですが、上司もチームのみんなもとても協力的で、産休と時短勤務へと踏み切ることができました。

上司の後押しもあって、初の産休を取得。

感じたのは、
社員の声を大切にしてくれる姿勢

娘が1歳半で、仕事にも復帰。現在4歳となりますが、時短勤務で働いています。実はこの時短勤務も、以前は満3歳で終了するという規定でした。ですが、私は通勤が1時間半かかるため、フルタイム勤務では保育園のお迎えに間に合いません。ここでも周りに相談してみたところ、会社の理解もあり最終的には福利厚生の規約が改訂されることに。現在では未就学児童まで時短勤務が延長されました。まさか変わるとは思ってもみなかったのでとても感謝しています。部署によって仕事の内容に違いはありますが、共通して言えるのはアットホームな雰囲気があるということ。また、何か声をあげれば、きちんと聞いてくれるような社風もあります。私が未経験で入社しても、プライベートの変化があっても続けてこられたのはこの環境があったから。感謝しているとともに、自分も後輩たちのためにこれからもいい前例となれるよう頑張りたいと思っています。

1人の社員のために、会社のルールさえ変えてくれる。

ONE DAY SCHEDULE1日の予定

  • 09:30

    出社

  • 10:00

    経理作業

  • 12:00

    昼休憩

  • 13:00

    経理作業

  • 16:30

    退社

  • 18:00

    子供お迎え

MUST ITEM仕事必須アイテム

仕事必須アイテム

仕事の必須道具は電卓です。前に使っていたものが壊れたため、
現在は2代目。毎日使うものなので使いやすさを第一に選んでいます。

OTHER INTERVIEWその他の社員を見る